FX取引を円滑に始めるために準備すべき手立てがわかる情報サイト

>

個人情報などの登録をしなければならない

FX口座開設に必要な申込入力は難しくない

FX会社のウェブサイトからの申し込みで口座開設がほとんど完結できるため、随分手軽といえます。

申し込みの入力は、個人情報から始まることが多いです。
氏名や生年月日、住所などの入力に加えて、勤務先住所、家族構成なども必要です。

また、現在の資産状況や投資経験も入力します。
実際の年収ベースや保有金融資産、FX投資にかける資金などが問われますので、FX取引開始時点でのFX投資プランを考えておきましょう。
当然のことですが、保有金融資産を超えるようなFX投資額はあり得ません。
投資経験なども踏まえたうえで、保有金融資産の1~2割程度に止めるのが無難です。

さらに、投資目的についても問われますので、申し込み時点の保有資金額と許容リスクとのバランスを自覚した姿勢を示しておくとよいでしょう。

FX口座を開設する時の必要書類の送付方法

FX口座開設の申し込みの際に、身分を証明するための書類を提出しなければなりません。
この提出書類についても、FX会社のウェブサイト上のアップロードやメール添付を利用することができます。
具体的には、スマートフォンなどで本人確認書類の写真を撮り、画像データとしてFX会社が指定したサイトでのアップロードやメールで送付します。
また、本人確認書類をコピーして郵送することも可能です。

実際に口座開設する前にあらかじめどの方法で必要書類を送付するかを確認しておくことをお勧めします。
早く口座開設をしたいならば、アップロードやメール添付が手続き時間を短縮します。

なお、送信する前に、アップロードやメール添付の中身を必ず確認するように心がけましょう。
不鮮明であったり、誤った書類を送付してしまうと二度手間になり、手続きが滞ってしまうので、しっかりと確認した後に送信しましょう。


この記事をシェアする